万葉集2447番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2447番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2447番について

歌番号

2447番

原文

白玉|従手纒|不<忘>|念|何畢

訓読

白玉を手に巻きしより忘れじと思ひけらくは何か終らむ

かな読み

しらたまを|てにまきしより|わすれじと|おもひけらくは|なにかをはらむ

カタカナ読み

シラタマヲ|テニマキシヨリ|ワスレジト|オモヒケラクハ|ナニカヲハラム

ローマ字読み|大文字

SHIRATAMAO|TENIMAKISHIYORI|WASUREJITO|OMOHIKERAKUHA|NANIKAOHARAMU

ローマ字読み|小文字

shiratamao|tenimakishiyori|wasurejito|omohikerakuha|nanikaoharamu

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|恋情|比喩

校異

忌->忘【類】【紀】【細】

寛永版本

しらたまを[寛],
てにまきしより[寛],
わすれじと,[寛]わすれしと,
おもひけらくは,[寛]おもひしことは,
なにかをはらむ,[寛]いつかやむへき,

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました