万葉集2368番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2368番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2368番について

歌番号

2368番

原文

垂乳根乃|母之手放|如是許|無為便事者|未為國

訓読

たらちねの母が手離れかくばかりすべなきことはいまだせなくに

かな読み

たらちねの|ははがてはなれ|かくばかり|すべなきことは|いまだせなくに

カタカナ読み

タラチネノ|ハハガテハナレ|カクバカリ|スベナキコトハ|イマダセナクニ

ローマ字読み|大文字

TARACHINENO|HAHAGATEHANARE|KAKUBAKARI|SUBENAKIKOTOHA|IMADASENAKUNI

ローマ字読み|小文字

tarachineno|hahagatehanare|kakubakari|subenakikotoha|imadasenakuni

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

非略体|枕詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

たらちねの[寛],
ははがてはなれ,[寛]ははのてそきて,
かくばかり,[寛]かくはかり,
すべなきことは,[寛]すへなきことは,
いまだせなくに,[寛]いまたせなくに,

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました