万葉集2570番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2570番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2570番について

歌番号

2570番

原文

如是耳|戀者可死|足乳根之|母毛告都|不止通為

訓読

かくのみし恋ひば死ぬべみたらちねの母にも告げずやまず通はせ

かな読み

かくのみし|こひばしぬべみ|たらちねの|ははにもつげず|やまずかよはせ

カタカナ読み

カクノミシ|コヒバシヌベミ|タラチネノ|ハハニモツゲズ|ヤマズカヨハセ

ローマ字読み|大文字

KAKUNOMISHI|KOHIBASHINUBEMI|TARACHINENO|HAHANIMOTSUGEZU|YAMAZUKAYOHASE

ローマ字読み|小文字

kakunomishi|kohibashinubemi|tarachineno|hahanimotsugezu|yamazukayohase

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

女歌|母親

校異

特に無し

寛永版本

かくのみし,[寛]かくしのみ,
こひばしぬべみ,[寛]こひはしぬへし,
たらちねの[寛],
ははにもつげず,[寛]ははにもつけつ,
やまずかよはせ,[寛]やますかよはせ,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました