万葉集2771番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2771番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2771番について

歌番号

2771番

原文

吾妹子之|袖乎憑而|真野浦之|小菅乃笠乎|不著而来二来有

訓読

我妹子が袖を頼みて真野の浦の小菅の笠を着ずて来にけり

かな読み

わぎもこが|そでをたのみて|まののうらの|こすげのかさを|きずてきにけり

カタカナ読み

ワギモコガ|ソデヲタノミテ|マノノウラノ|コスゲノカサヲ|キズテキニケリ

ローマ字読み|大文字

WAGIMOKOGA|SODEOTANOMITE|MANONORANO|KOSUGENOKASAO|KIZUTEKINIKERI

ローマ字読み|小文字

wagimokoga|sodeotanomite|manonorano|kosugenokasao|kizutekinikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|兵庫県|神戸市|植物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

わぎもこが,[寛]わきもこか,
そでをたのみて,[寛]そてをたのみて,
まののうらの[寛],
こすげのかさを,[寛]こすけのかさを,
きずてきにけり,[寛]きすてきにけり,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました