万葉集2397番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2397番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2397番について

歌番号

2397番

原文

蹔|不見戀|吾妹|日々来|事繁

訓読

しましくも見ぬば恋ほしき我妹子を日に日に来れば言の繁けく

かな読み

しましくも|みぬばこほしき|わぎもこを|ひにひにくれば|ことのしげけく

カタカナ読み

シマシクモ|ミヌバコホシキ|ワギモコヲ|ヒニヒニクレバ|コトノシゲケク

ローマ字読み|大文字

SHIMASHIKUMO|MINUBAKOHOSHIKI|WAGIMOKO|HINIHINIKUREBA|KOTONOSHIGEKEKU

ローマ字読み|小文字

shimashikumo|minubakohoshiki|wagimoko|hinihinikureba|kotonoshigekeku

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|恋情|尫柜蹋

校異

特に無し

寛永版本

しましくも,[寛]しはらくも,
みぬばこほしき,[寛]みねはこひしみ,
わぎもこを,[寛]わきもこに,
ひにひにくれば,[寛]ひにひにくれは,
ことのしげけく,[寛]ことのしけけむ,

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました