万葉集2721番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2721番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2721番について

歌番号

2721番

原文

玉藻苅|井<堤>乃四賀良美|薄可毛|戀乃余杼女留|吾情可聞

訓読

玉藻刈るゐでのしがらみ薄みかも恋の淀める我が心かも

かな読み

たまもかる|ゐでのしがらみ|うすみかも|こひのよどめる|あがこころかも

カタカナ読み

タマモカル|ヰデノシガラミ|ウスミカモ|コヒノヨドメル|アガココロカモ

ローマ字読み|大文字

TAMAMOKARU|IDENOSHIGARAMI|USUMIKAMO|KOHINOYODOMERU|AGAKOKOROKAMO

ローマ字読み|小文字

tamamokaru|idenoshigarami|usumikamo|kohinoyodomeru|agakokorokamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|恋愛

校異

提->堤【西(訂正)】【文】

寛永版本

たまもかる[寛],
ゐでのしがらみ,[寛]ゐてのしからみ,
うすみかも,[寛]うすきかも,
こひのよどめる,[寛]こひのよとめる,
あがこころかも,[寛]わかこころかも,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました