万葉集2761番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2761番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2761番について

歌番号

2761番

原文

奥山之|石本菅乃|根深毛|所思鴨|吾念妻者

訓読

奥山の岩本菅の根深くも思ほゆるかも我が思ひ妻は

かな読み

おくやまの|いはもとすげの|ねふかくも|おもほゆるかも|あがおもひづまは

カタカナ読み

オクヤマノ|イハモトスゲノ|ネフカクモ|オモホユルカモ|アガオモヒヅマハ

ローマ字読み|大文字

OKUYAMANO|IHAMOTOSUGENO|NEFUKAKUMO|OMOHOYURUKAMO|AGAOMOHIZUMAHA

ローマ字読み|小文字

okuyamano|ihamotosugeno|nefukakumo|omohoyurukamo|agaomohizumaha

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

植物|序詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

おくやまの[寛],
いはもとすげの,[寛]いはもとすけの,
ねふかくも[寛],
おもほゆるかも,[寛]おほほゆるかも,
あがおもひづまは,[寛]わかおもひつまは,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました