万葉集2838番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2838番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2838番について

歌番号

2838番

原文

河上尓|洗若菜之|流来而|妹之當乃|瀬社因目

訓読

川上に洗ふ若菜の流れ来て妹があたりの瀬にこそ寄らめ

かな読み

かはかみに|あらふわかなの|ながれきて|いもがあたりの|せにこそよらめ

カタカナ読み

カハカミニ|アラフワカナノ|ナガレキテ|イモガアタリノ|セニコソヨラメ

ローマ字読み|大文字

KAHAKAMINI|ARAFUWAKANANO|NAGAREKITE|IMOGAATARINO|SENIKOSOYORAME

ローマ字読み|小文字

kahakamini|arafuwakanano|nagarekite|imogaatarino|senikosoyorame

左注|左註

右四首寄草喩思

事項|分類・ジャンル

植物|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

かはかみに[寛],
あらふわかなの[寛],
ながれきて,[寛]なかれきて,
いもがあたりの,[寛]いもかあたりの,
せにこそよらめ[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました