万葉集2699番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2699番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2699番について

歌番号

2699番

原文

安太人<乃>|八名打度|瀬速|意者雖念|直不相鴨

訓読

阿太人の梁打ち渡す瀬を早み心は思へど直に逢はぬかも

かな読み

あだひとの|やなうちわたす|せをはやみ|こころはおもへど|ただにあはぬかも

カタカナ読み

アダヒトノ|ヤナウチワタス|セヲハヤミ|ココロハオモヘド|タダニアハヌカモ

ローマ字読み|大文字

ADAHITONO|YANAUCHIWATASU|SEOHAYAMI|KOKOROHAOMOHEDO|TADANIAHANUKAMO

ローマ字読み|小文字

adahitono|yanauchiwatasu|seohayami|kokorohaomohedo|tadaniahanukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|奈良県|五条市|序詞|恋情

校異

之->乃【嘉】【古】【紀】

寛永版本

あだひとの,[寛]あたひとの,
やなうちわたす[寛],
せをはやみ[寛],
こころはおもへど,[寛]こころはおもへと,
ただにあはぬかも,[寛]たたにあはぬかも,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました