万葉集2822番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2822番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2822番について

歌番号

2822番

原文

栲領布乃|白濱浪乃|不肯縁|荒振妹尓|戀乍曽居|[一云|戀流己呂可母]

訓読

栲領布の白浜波の寄りもあへず荒ぶる妹に恋ひつつぞ居る|[一云|恋ふるころかも]

かな読み

たくひれの|しらはまなみの|よりもあへず|あらぶるいもに|こひつつぞをる|[こふるころかも]

カタカナ読み

タクヒレノ|シラハマナミノ|ヨリモアヘズ|アラブルイモニ|コヒツツゾヲル|[コフルコロカモ]

ローマ字読み|大文字

TAKUHIRENO|SHIRAHAMANAMINO|YORIMOAHEZU|ARABURUIMONI|KOHITSUTSUZORU|[KOFURUKOROKAMO]

ローマ字読み|小文字

takuhireno|shirahamanamino|yorimoahezu|araburuimoni|kohitsutsuzoru|[kofurukorokamo]

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

枕詞|恋情|異伝|序詞

校異

特に無し

寛永版本

たくひれの[寛],
しらはまなみの[寛],
よりもあへず,[寛]よりもあへす,
あらぶるいもに,[寛]あらふるいもに,
こひつつぞをる,[寛]こひつつそをる,
[こふるころかも][寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました