万葉集2415番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2415番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2415番について

歌番号

2415番

原文

處女等乎|袖振山|水垣<乃>|久時由|念来吾等者

訓読

娘子らを袖振る山の瑞垣の久しき時ゆ思ひけり我れは

かな読み

をとめらを|そでふるやまの|みづかきの|ひさしきときゆ|おもひけりわれは

カタカナ読み

ヲトメラヲ|ソデフルヤマノ|ミヅカキノ|ヒサシキトキユ|オモヒケリワレハ

ローマ字読み|大文字

OTOMERAO|SODEFURUYAMANO|MIZUKAKINO|HISASHIKITOKIYU|OMOHIKERIWAREHA

ローマ字読み|小文字

otomerao|sodefuruyamano|mizukakino|hisashikitokiyu|omohikeriwareha

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

非略体|序詞|恋情|歌垣|奈良|天理|地名|枕詞

校異

->乃【嘉】【類】

寛永版本

をとめらを[寛],
そでふるやまの,[寛]そてふるやまの,
みづかきの,[寛]みつかきの,
ひさしきときゆ,[寛]ひさしきよより,
おもひけりわれは,[寛]おもひきわれは,

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました