万葉集2367番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2367番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2367番について

歌番号

2367番

原文

海原乃|路尓乗哉|吾戀居|大舟之|由多尓将有|人兒由恵尓

訓読

海原の道に乗りてや我が恋ひ居らむ大船のゆたにあるらむ人の子ゆゑに

かな読み

うなはらの|みちにのりてや|あがこひをらむ|おほぶねの|ゆたにあるらむ|ひとのこゆゑに

カタカナ読み

ウナハラノ|ミチニノリテヤ|アガコヒヲラム|オホブネノ|ユタニアルラム|ヒトノコユヱニ

ローマ字読み|大文字

UNAHARANO|MICHININORITEYA|AGAKOHIORAMU|OHOBUNENO|YUTANIARURAMU|HITONOKOYUENI

ローマ字読み|小文字

unaharano|michininoriteya|agakohioramu|ohobuneno|yutaniaruramu|hitonokoyueni

左注|左註

右五首古歌集中出

事項|分類・ジャンル

古歌集|旋頭歌|恋情|枕詞

校異

歌【西】謌

寛永版本

うなはらの[寛],
みちにのりてや[寛],
あがこひをらむ,[寛]わかこひをらむ,
おほぶねの,[寛]おほふねの,
ゆたにあるらむ[寛],
ひとのこゆゑに[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました