万葉集2638番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2638番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2638番について

歌番号

2638番

原文

梓弓|末之腹野尓|鷹田為|君之弓食之|将絶跡念甕屋

訓読

梓弓末のはら野に鳥狩する君が弓弦の絶えむと思へや

かな読み

あづさゆみ|すゑのはらのに|とがりする|きみがゆづるの|たえむとおもへや

カタカナ読み

アヅサユミ|スヱノハラノニ|トガリスル|キミガユヅルノ|タエムトオモヘヤ

ローマ字読み|大文字

AZUSAYUMI|SUENOHARANONI|TOGARISURU|KIMIGAYUZURUNO|TAEMUTOMOHEYA

ローマ字読み|小文字

azusayumi|suenoharanoni|togarisuru|kimigayuzuruno|taemutomoheya

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

比喩|枕詞|恋愛|地名|大阪府

校異

特に無し

寛永版本

あづさゆみ,[寛]あつさゆみ,
すゑのはらのに[寛],
とがりする,[寛]とかりする,
きみがゆづるの,[寛]きみかゆつるの,
たえむとおもへや[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました