万葉集2480番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2480番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2480番について

歌番号

2480番

原文

路邊|壹師花|灼然|人皆知|我戀攦|[或本歌<曰>|灼然|人知尓家里|継而之念者]

訓読

道の辺のいちしの花のいちしろく人皆知りぬ我が恋妻は|[或本歌曰|いちしろく人知りにけり継ぎてし思へば]

かな読み

みちのへの|いちしのはなの|いちしろく|ひとみなしりぬ|あがこひづまは|[いちしろく|ひとしりにけり|つぎてしおもへば]

カタカナ読み

ミチノヘノ|イチシノハナノ|イチシロク|ヒトミナシリヌ|アガコヒヅマハ|[イチシロク|ヒトシリニケリ|ツギテシオモヘバ]

ローマ字読み|大文字

MICHINOHENO|ICHISHINOHANANO|ICHISHIROKU|HITOMINASHIRINU|AGAKOHIZUMAHA|[ICHISHIROKU|HITOSHIRINIKERI|TSUGITESHIOMOHEBA]

ローマ字読み|小文字

michinoheno|ichishinohanano|ichishiroku|hitominashirinu|agakohizumaha|[ichishiroku|hitoshirinikeri|tsugiteshiomoheba]

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|植物|序詞|尫柜蹋|露見|異伝

校異

歌【西】謌|云->曰【嘉】【類】

寛永版本

みちのへの[寛],
いちしのはなの[寛],
いちしろく[寛],
ひとみなしりぬ[寛],
あがこひづまは,[寛]わかこひつまは,
[いちしろく[寛],
ひとしりにけり[寛],
つぎてしおもへば],[寛]つきてしおもへは,

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました