万葉集2779番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2779番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2779番について

歌番号

2779番

原文

海原之|奥津縄乗|打靡|心裳<四>怒尓|所念鴨

訓読

海原の沖つ縄海苔うち靡き心もしのに思ほゆるかも

かな読み

うなはらの|おきつなはのり|うちなびき|こころもしのに|おもほゆるかも

カタカナ読み

ウナハラノ|オキツナハノリ|ウチナビキ|ココロモシノニ|オモホユルカモ

ローマ字読み|大文字

UNAHARANO|OKITSUNAHANORI|UCHINABIKI|KOKOROMOSHINONI|OMOHOYURUKAMO

ローマ字読み|小文字

unaharano|okitsunahanori|uchinabiki|kokoromoshinoni|omohoyurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

植物|序詞|恋情

校異

原字不明->四【西(上書訂正)】【嘉】【文】【類】【紀】

寛永版本

うなはらの[寛],
おきつなはのり[寛],
うちなびき,[寛]うちなひき,
こころもしのに[寛],
おもほゆるかも[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました