万葉集2750番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2750番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2750番について

歌番号

2750番

原文

吾妹子|不相久|馬下乃|阿倍橘乃|蘿生左右

訓読

我妹子に逢はず久しもうましもの安倍橘の苔生すまでに

かな読み

わぎもこに|あはずひさしも|うましもの|あへたちばなの|こけむすまでに

カタカナ読み

ワギモコニ|アハズヒサシモ|ウマシモノ|アヘタチバナノ|コケムスマデニ

ローマ字読み|大文字

WAGIMOKONI|AHAZUHISASHIMO|UMASHIMONO|AHETACHIBANANO|KOKEMUSUMADENI

ローマ字読み|小文字

wagimokoni|ahazuhisashimo|umashimono|ahetachibanano|kokemusumadeni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

植物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

わぎもこに,[寛]わきもこに,
あはずひさしも,[寛]あはてひさしも,
うましもの[寛],
あへたちばなの,[寛]あへたちはなの,
こけむすまでに,[寛]こけのむすまて,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました