万葉集2642番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2642番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2642番について

歌番号

2642番

原文

燈之|陰尓蚊蛾欲布|虚蝉之|妹蛾咲状思|面影尓所見

訓読

燈火の影にかがよふうつせみの妹が笑まひし面影に見ゆ

かな読み

ともしびの|かげにかがよふ|うつせみの|いもがゑまひし|おもかげにみゆ

カタカナ読み

トモシビノ|カゲニカガヨフ|ウツセミノ|イモガヱマヒシ|オモカゲニミユ

ローマ字読み|大文字

TOMOSHIBINO|KAGENIKAGAYOFU|UTSUSEMINO|IMOGAEMAHISHI|OMOKAGENIMIYU

ローマ字読み|小文字

tomoshibino|kagenikagayofu|utsusemino|imogaemahishi|omokagenimiyu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋愛

校異

特に無し

寛永版本

ともしびの,[寛]ともしひの,
かげにかがよふ,[寛]かけにかかよふ,
うつせみの[寛],
いもがゑまひし,[寛]いもかゑめりし,
おもかげにみゆ,[寛]おもかけにみゆ,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました