万葉集2648番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2648番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2648番について

歌番号

2648番

原文

云<々>|物者不念|斐太人乃|打墨縄之|直一道二

訓読

かにかくに物は思はじ飛騨人の打つ墨縄のただ一道に

かな読み

かにかくに|ものはおもはじ|ひだひとの|うつすみなはの|ただひとみちに

カタカナ読み

カニカクニ|モノハオモハジ|ヒダヒトノ|ウツスミナハノ|タダヒトミチニ

ローマ字読み|大文字

KANIKAKUNI|MONOHAOMOHAJI|HIDAHITONO|UTSUSUMINAHANO|TADAHITOMICHINI

ローマ字読み|小文字

kanikakuni|monohaomohaji|hidahitono|utsusuminahano|tadahitomichini

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

序詞|恋愛|女歌

校異

云->々【嘉】【文】【細】【京】

寛永版本

かにかくに[寛],
ものはおもはじ,[寛]ものはおもはす,
ひだひとの,[寛]ひたひとの,
うつすみなはの[寛],
ただひとみちに,[寛]たたひとすちに,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました