万葉集2359番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2359番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2359番について

歌番号

2359番

原文

息緒|吾雖念|人目多社|吹風|有數々|應相物

訓読

息の緒に我れは思へど人目多みこそ吹く風にあらばしばしば逢ふべきものを

かな読み

いきのをに|われはおもへど|ひとめおほみこそ|ふくかぜに|あらばしばしば|あふべきものを

カタカナ読み

イキノヲニ|ワレハオモヘド|ヒトメオホミコソ|フクカゼニ|アラバシバシバ|アフベキモノヲ

ローマ字読み|大文字

IKINONI|WAREHAOMOHEDO|HITOMEOHOMIKOSO|FUKUKAZENI|ARABASHIBASHIBA|AFUBEKIMONO

ローマ字読み|小文字

ikinoni|warehaomohedo|hitomeohomikoso|fukukazeni|arabashibashiba|afubekimono

左注|左註

右十二首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|恋情|旋頭歌

校異

特に無し

寛永版本

いきのをに[寛],
われはおもへど,[寛]われにおもへと,
ひとめおほみこそ[寛],
ふくかぜに,[寛]ふくかせの,
あらばしばしば,[寛]あらはしはしは,
あふべきものを,[寛]あふへきものを,

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました