万葉集2403番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2403番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2403番について

歌番号

2403番

原文

玉久世|清川原|身秡為|齋命|妹為

訓読

玉くせの清き川原にみそぎして斎ふ命は妹がためこそ

かな読み

たまくせの|きよきかはらに|みそぎして|いはふいのちは|いもがためこそ

カタカナ読み

タマクセノ|キヨキカハラニ|ミソギシテ|イハフイノチハ|イモガタメコソ

ローマ字読み|大文字

TAMAKUSENO|KIYOKIKAHARANI|MISOGISHITE|IHAFUINOCHIHA|IMOGATAMEKOSO

ローマ字読み|小文字

tamakuseno|kiyokikaharani|misogishite|ihafuinochiha|imogatamekoso

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|地名|京都|恋情

校異

秡【万葉集略解】(塙)祓

寛永版本

たまくせの[寛],
きよきかはらに[寛],
みそぎして,[寛]みそきして,
いはふいのちは,[寛]いのるいのちも,
いもがためこそ,[寛]いもかためなり,

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました