万葉集2388番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2388番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2388番について

歌番号

2388番

原文

立座|<態>不知|雖念|妹不告|間使不来

訓読

立ちて居てたづきも知らず思へども妹に告げねば間使も来ず

かな読み

たちてゐて|たづきもしらず|おもへども|いもにつげねば|まつかひもこず

カタカナ読み

タチテヰテ|タヅキモシラズ|オモヘドモ|イモニツゲネバ|マツカヒモコズ

ローマ字読み|大文字

TACHITEITE|TAZUKIMOSHIRAZU|OMOHEDOMO|IMONITSUGENEBA|MATSUKAHIMOKOZU

ローマ字読み|小文字

tachiteite|tazukimoshirazu|omohedomo|imonitsugeneba|matsukahimokozu

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|恋情

校異

熊->態【西(訂正)】【文】【細】【温】

寛永版本

たちてゐて,[寛]たちゐする,
たづきもしらず,[寛]わさもしられす,
おもへども,[寛]おもへとも,
いもにつげねば,[寛]いもにつけねは,
まつかひもこず,[寛]まつかひもこす,

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました