万葉集2677番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2677番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2677番について

歌番号

2677番

原文

佐保乃内従|下風之|吹礼波|還者胡粉|歎夜衣大寸

訓読

佐保の内ゆあらしの風の吹きぬれば帰りは知らに嘆く夜ぞ多き

かな読み

さほのうちゆ|あらしのかぜの|ふきぬれば|かへりはしらに|なげくよぞおほき

カタカナ読み

サホノウチユ|アラシノカゼノ|フキヌレバ|カヘリハシラニ|ナゲクヨゾオホキ

ローマ字読み|大文字

SAHONOCHIYU|ARASHINOKAZENO|FUKINUREBA|KAHERIHASHIRANI|NAGEKUYOZOHOKI

ローマ字読み|小文字

sahonochiyu|arashinokazeno|fukinureba|kaherihashirani|nagekuyozohoki

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|奈良県|女歌|閨怨

校異

特に無し

寛永版本

さほのうちゆ,[寛]さほのうちに,
あらしのかぜの,[寛]あらしふけれは,
ふきぬれば,[寛]かへるさへ,
かへりはしらに,[寛]くたけてなけき,
なげくよぞおほき,[寛]ぬるよしおほき,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました