万葉集2661番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2661番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2661番について

歌番号

2661番

原文

霊治波布|神毛吾者|打棄乞|四恵也壽之|恡無

訓読

霊ぢはふ神も我れをば打棄てこそしゑや命の惜しけくもなし

かな読み

たまぢはふ|かみもわれをば|うつてこそ|しゑやいのちの|をしけくもなし

カタカナ読み

タマヂハフ|カミモワレヲバ|ウツテコソ|シヱヤイノチノ|ヲシケクモナシ

ローマ字読み|大文字

TAMAJIHAFU|KAMIMOWAREOBA|UTSUTEKOSO|SHIEYAINOCHINO|OSHIKEKUMONASHI

ローマ字読み|小文字

tamajihafu|kamimowareoba|utsutekoso|shieyainochino|oshikekumonashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|怨牫|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

たまぢはふ,[寛]たまちはふ,
かみもわれをば,[寛]かみをもわれは,
うつてこそ,[寛]うちすてき,
しゑやいのちの[寛],
をしけくもなし[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました