万葉集2492番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2492番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2492番について

歌番号

2492番

原文

念|餘者|丹穂鳥|足<沾>来|人見鴨

訓読

思ひにしあまりにしかばにほ鳥のなづさひ来しを人見けむかも

かな読み

おもひにし|あまりにしかば|にほどりの|なづさひこしを|ひとみけむかも

カタカナ読み

オモヒニシ|アマリニシカバ|ニホドリノ|ナヅサヒコシヲ|ヒトミケムカモ

ローマ字読み|大文字

OMOHINISHI|AMARINISHIKABA|NIHODORINO|NAZUSAHIKOSHIO|HITOMIKEMUKAMO

ローマ字読み|小文字

omohinishi|amarinishikaba|nihodorino|nazusahikoshio|hitomikemukamo

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|動物|尫柜蹋|他人|恋情|難渋|枕詞

校異

沽->沾【文】【細】【温】

寛永版本

おもひにし,[寛]おもふにし,
あまりにしかば,[寛]あまりにしかは,
にほどりの,[寛]にほとりの,
なづさひこしを,[寛]あしぬれたるを,
ひとみけむかも[寛],

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました