万葉集2807番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2807番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2807番について

歌番号

2807番

原文

可旭|千鳥數鳴|白細乃|君之手枕|未猒君

訓読

明けぬべく千鳥しば鳴く白栲の君が手枕いまだ飽かなくに

かな読み

あけぬべく|ちとりしばなく|しろたへの|きみがたまくら|いまだあかなくに

カタカナ読み

アケヌベク|チトリシバナク|シロタヘノ|キミガタマクラ|イマダアカナクニ

ローマ字読み|大文字

AKENUBEKU|CHITORISHIBANAKU|SHIROTAHENO|KIMIGATAMAKURA|IMADAAKANAKUNI

ローマ字読み|小文字

akenubeku|chitorishibanaku|shirotaheno|kimigatamakura|imadaakanakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

動物|鳥|枕詞|女歌|恋情

校異

特に無し

寛永版本

あけぬべく,[寛]あけぬへく,
ちとりしばなく,[寛]ちとりしはなく,
しろたへの[寛],
きみがたまくら,[寛]きみかたまくら,
いまだあかなくに,[寛]いまたあかなくに,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました