万葉集2653番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2653番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2653番について

歌番号

2653番

原文

馬音之|跡杼登毛為者|松蔭尓|出曽見鶴|若君香跡

訓読

馬の音のとどともすれば松蔭に出でてぞ見つるけだし君かと

かな読み

うまのおとの|とどともすれば|まつかげに|いでてぞみつる|けだしきみかと

カタカナ読み

ウマノオトノ|トドトモスレバ|マツカゲニ|イデテゾミツル|ケダシキミカト

ローマ字読み|大文字

UMANOTONO|TODOTOMOSUREBA|MATSUKAGENI|IDETEZOMITSURU|KEDASHIKIMIKATO

ローマ字読み|小文字

umanotono|todotomosureba|matsukageni|idetezomitsuru|kedashikimikato

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

女歌|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

うまのおとの[寛],
とどともすれば,[寛]ととともすれは,
まつかげに,[寛]まつかけに,
いでてぞみつる,[寛]いててそみつる,
けだしきみかと,[寛]もしはきみかと,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました