万葉集2645番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2645番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2645番について

歌番号

2645番

原文

宮材引|泉之追馬喚犬二|立民乃|息時無|戀<渡>可聞

訓読

宮材引く泉の杣に立つ民のやむ時もなく恋ひわたるかも

かな読み

みやぎひく|いづみのそまに|たつたみの|やむときもなく|こひわたるかも

カタカナ読み

ミヤギヒク|イヅミノソマニ|タツタミノ|ヤムトキモナク|コヒワタルカモ

ローマ字読み|大文字

MIYAGIHIKU|IZUMINOSOMANI|TATSUTAMINO|YAMUTOKIMONAKU|KOHIWATARUKAMO

ローマ字読み|小文字

miyagihiku|izuminosomani|tatsutamino|yamutokimonaku|kohiwatarukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|京都府|序詞|恋愛

校異

度->渡【嘉】【文】【類】

寛永版本

みやぎひく,[寛]みやきひく,
いづみのそまに,[寛]いつみのそまに,
たつたみの[寛],
やむときもなく[寛],
こひわたるかも[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました