万葉集2614S2番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2614S2番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2614S2番について

歌番号

2614異伝歌2番

原文

眉根掻|下伊布可之美|念有之|妹之容儀乎|今日見都流香裳

訓読

眉根掻き下いふかしみ思へりし妹が姿を今日見つるかも

かな読み

まよねかき|したいふかしみ|おもへりし|いもがすがたを|けふみつるかも

カタカナ読み

マヨネカキ|シタイフカシミ|オモヘリシ|イモガスガタヲ|ケフミツルカモ

ローマ字読み|大文字

MAYONEKAKI|SHITAIFUKASHIMI|OMOHERISHI|IMOGASUGATAO|KEFUMITSURUKAMO

ローマ字読み|小文字

mayonekaki|shitaifukashimi|omoherishi|imogasugatao|kefumitsurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

異伝

校異

特に無し

寛永版本

まよねかき[寛],
したいふかしみ[寛],
おもへりし[寛],
いもがすがたを,[寛]いもかすかたを,
けふみつるかも[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました