万葉集2711番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2711番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2711番について

歌番号

2711番

原文

奥山之|木葉隠而|行水乃|音聞従|常不所忘

訓読

奥山の木の葉隠りて行く水の音聞きしより常忘らえず

かな読み

おくやまの|このはがくりて|ゆくみづの|おとききしより|つねわすらえず

カタカナ読み

オクヤマノ|コノハガクリテ|ユクミヅノ|オトキキシヨリ|ツネワスラエズ

ローマ字読み|大文字

OKUYAMANO|KONOHAGAKURITE|YUKUMIZUNO|OTOKIKISHIYORI|TSUNEWASURAEZU

ローマ字読み|小文字

okuyamano|konohagakurite|yukumizuno|otokikishiyori|tsunewasuraezu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

序詞|恋情|尫柜蹋

校異

特に無し

寛永版本

おくやまの[寛],
このはがくりて,[寛]このはかくれて,
ゆくみづの,[寛]ゆくみつの,
おとききしより[寛],
つねわすらえず,[寛]つねわすられす,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました