万葉集2665番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2665番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2665番について

歌番号

2665番

原文

月之有者|明覧別裳|不知而|寐吾来乎|人見兼鴨

訓読

月しあれば明くらむ別も知らずして寝て我が来しを人見けむかも

かな読み

つきしあれば|あくらむわきも|しらずして|ねてわがこしを|ひとみけむかも

カタカナ読み

ツキシアレバ|アクラムワキモ|シラズシテ|ネテワガコシヲ|ヒトミケムカモ

ローマ字読み|大文字

TSUKISHIAREBA|AKURAMUWAKIMO|SHIRAZUSHITE|NETEWAGAKOSHIO|HITOMIKEMUKAMO

ローマ字読み|小文字

tsukishiareba|akuramuwakimo|shirazushite|netewagakoshio|hitomikemukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

尫柜蹋|不安|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

つきしあれば,[寛]つきしあれは,
あくらむわきも[寛],
しらずして,[寛]しらすして,
ねてわがこしを,[寛]ねてわかこしを,
ひとみけむかも[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました