万葉集2666番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2666番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2666番について

歌番号

2666番

原文

妹目之|見巻欲家口|<夕>闇之|木葉隠有|月待如

訓読

妹が目の見まく欲しけく夕闇の木の葉隠れる月待つごとし

かな読み

いもがめの|みまくほしけく|ゆふやみの|このはごもれる|つきまつごとし

カタカナ読み

イモガメノ|ミマクホシケク|ユフヤミノ|コノハゴモレル|ツキマツゴトシ

ローマ字読み|大文字

IMOGAMENO|MIMAKUHOSHIKEKU|YUFUYAMINO|KONOHAGOMORERU|TSUKIMATSUGOTOSHI

ローマ字読み|小文字

imogameno|mimakuhoshikeku|yufuyamino|konohagomoreru|tsukimatsugotoshi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋愛

校異

久->夕【西(訂正)】【嘉】【類】【紀】

寛永版本

いもがめの,[寛]いもかめの,
みまくほしけく[寛],
ゆふやみの[寛],
このはごもれる,[寛]このはこもれる,
つきまつごとし,[寛]つきまつかこと,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました