万葉集2579番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2579番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2579番について

歌番号

2579番

原文

早去而|何時君乎|相見等|念之情|今曽水葱少熱

訓読

早行きていつしか君を相見むと思ひし心今ぞなぎぬる

かな読み

はやゆきて|いつしかきみを|あひみむと|おもひしこころ|いまぞなぎぬる

カタカナ読み

ハヤユキテ|イツシカキミヲ|アヒミムト|オモヒシココロ|イマゾナギヌル

ローマ字読み|大文字

HAYAYUKITE|ITSUSHIKAKIMIO|AHIMIMUTO|OMOHISHIKOKORO|IMAZONAGINURU

ローマ字読み|小文字

hayayukite|itsushikakimio|ahimimuto|omohishikokoro|imazonaginuru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

女歌|逢会

校異

特に無し

寛永版本

はやゆきて[寛],
いつしかきみを[寛],
あひみむと[寛],
おもひしこころ[寛],
いまぞなぎぬる,[寛]いまそなきぬる,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました