万葉集2521番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2521番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2521番について

歌番号

2521番

原文

垣幡|丹<頬>經君S|率尓|思出乍|嘆鶴鴨

訓読

かきつはた丹つらふ君をいささめに思ひ出でつつ嘆きつるかも

かな読み

かきつはた|につらふきみを|いささめに|おもひいでつつ|なげきつるかも

カタカナ読み

カキツハタ|ニツラフキミヲ|イササメニ|オモヒイデツツ|ナゲキツルカモ

ローマ字読み|大文字

KAKITSUHATA|NITSURAFUKIMIO|ISASAMENI|OMOHIIDETSUTSU|NAGEKITSURUKAMO

ローマ字読み|小文字

kakitsuhata|nitsurafukimio|isasameni|omohiidetsutsu|nagekitsurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|恋情

校異

刺->頬【類】【紀】【細】【温】

寛永版本

かきつはた[寛],
につらふきみを,[寛]にほへるきみを,
いささめに,[寛]いさなみに,
おもひいでつつ,[寛]おもひいてつつ,
なげきつるかも,[寛]なけきつるかも,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました