万葉集2714番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2714番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2714番について

歌番号

2714番

原文

物部乃|八十氏川之|急瀬|立不得戀毛|吾為鴨|[一云|立而毛君者|忘金津藻]

訓読

もののふの八十宇治川の早き瀬に立ちえぬ恋も我れはするかも|[一云|立ちても君は忘れかねつも]

かな読み

もののふの|やそうぢがはの|はやきせに|たちえぬこひも|あれはするかも|[たちてもきみは|わすれかねつも]

カタカナ読み

モノノフノ|ヤソウヂガハノ|ハヤキセニ|タチエヌコヒモ|アレハスルカモ|[タチテモキミハ|ワスレカネツモ]

ローマ字読み|大文字

MONONOFUNO|YASOJIGAHANO|HAYAKISENI|TACHIENUKOHIMO|AREHASURUKAMO|[TACHITEMOKIMIHA|WASUREKANETSUMO]

ローマ字読み|小文字

mononofuno|yasojigahano|hayakiseni|tachienukohimo|arehasurukamo|[tachitemokimiha|wasurekanetsumo]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|地名|京都府|序詞|恋情|異伝

校異

特に無し

寛永版本

もののふの[寛],
やそうぢがはの,[寛]やそうちかはの,
はやきせに[寛],
たちえぬこひも,[寛]たちあへぬこひも,
あれはするかも,[寛]われはするかも,
[たちてもきみは[寛],
わすれかねつも][寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました