万葉集2773番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2773番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2773番について

歌番号

2773番

原文

刺竹|齒隠有|吾背子之|吾許不来者|吾将戀八方

訓読

さす竹の世隠りてあれ我が背子が我がりし来ずは我れ恋めやも

かな読み

さすたけの|よごもりてあれ|わがせこが|わがりしこずは|あれこひめやも

カタカナ読み

サスタケノ|ヨゴモリテアレ|ワガセコガ|ワガリシコズハ|アレコヒメヤモ

ローマ字読み|大文字

SASUTAKENO|YOGOMORITEARE|WAGASEKOGA|WAGARISHIKOZUHA|AREKOHIMEYAMO

ローマ字読み|小文字

sasutakeno|yogomoriteare|wagasekoga|wagarishikozuha|arekohimeyamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

さすたけの[寛],
よごもりてあれ,[寛]はにかくれたる,
わがせこが,[寛]わかせこか,
わがりしこずは,[寛]わかりしこすは,
あれこひめやも,[寛]われこひめやも,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました