万葉集2751番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2751番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2751番について

歌番号

2751番

原文

味乃住|渚沙乃入江之|荒礒松|我乎待兒等波|但一耳

訓読

あぢの住む渚沙の入江の荒礒松我を待つ子らはただ独りのみ

かな読み

あぢのすむ|すさのいりえの|ありそまつ|あをまつこらは|ただひとりのみ

カタカナ読み

アヂノスム|スサノイリエノ|アリソマツ|アヲマツコラハ|タダヒトリノミ

ローマ字読み|大文字

AJINOSUMU|SUSANOIRIENO|ARISOMATSU|AOMATSUKORAHA|TADAHITORINOMI

ローマ字読み|小文字

ajinosumu|susanoirieno|arisomatsu|aomatsukoraha|tadahitorinomi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

動物|地名|植物|序詞|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

あぢのすむ,[寛]あちのすむ,
すさのいりえの[寛],
ありそまつ,[寛]あらいそのまつ,
あをまつこらは,[寛]われをまつこらは,
ただひとりのみ,[寛]たたひとりのみ,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました