万葉集2419番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2419番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2419番について

歌番号

2419番

原文

天地|言名絶|有|汝吾|相事止

訓読

天地といふ名の絶えてあらばこそ汝と我れと逢ふことやまめ

かな読み

あめつちと|いふなのたえて|あらばこそ|いましとあれと|あふことやまめ

カタカナ読み

アメツチト|イフナノタエテ|アラバコソ|イマシトアレト|アフコトヤマメ

ローマ字読み|大文字

AMETSUCHITO|IFUNANOTAETE|ARABAKOSO|IMASHITOARETO|AFUKOTOYAMAME

ローマ字読み|小文字

ametsuchito|ifunanotaete|arabakoso|imashitoareto|afukotoyamame

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|恋情

校異

特に無し

寛永版本

あめつちと[寛],
いふなのたえて[寛],
あらばこそ,[寛]あらはこそ,
いましとあれと,[寛]なれにわかあふ,
あふことやまめ,[寛]こともやみなめ,

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました