万葉集2410番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2410番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2410番について

歌番号

2410番

原文

璞之|年者竟杼|敷白之|袖易子少|忘而念哉

訓読

あらたまの年は果つれど敷栲の袖交へし子を忘れて思へや

かな読み

あらたまの|としははつれど|しきたへの|そでかへしこを|わすれておもへや

カタカナ読み

アラタマノ|トシハハツレド|シキタヘノ|ソデカヘシコヲ|ワスレテオモヘヤ

ローマ字読み|大文字

ARATAMANO|TOSHIHAHATSUREDO|SHIKITAHENO|SODEKAHESHIKO|WASURETEOMOHEYA

ローマ字読み|小文字

aratamano|toshihahatsuredo|shikitaheno|sodekaheshiko|wasureteomoheya

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

非略体|枕詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

あらたまの[寛],
としははつれど,[寛]としはくるると,
しきたへの[寛],
そでかへしこを,[寛]そてかはししを,
わすれておもへや[寛],

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました