万葉集2630番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2630番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2630番について

歌番号

2630番

原文

結紐|解日遠|敷細|吾木枕|蘿生来

訓読

結へる紐解かむ日遠み敷栲の我が木枕は苔生しにけり

かな読み

ゆへるひも|とかむひとほみ|しきたへの|わがこまくらは|こけむしにけり

カタカナ読み

ユヘルヒモ|トカムヒトホミ|シキタヘノ|ワガコマクラハ|コケムシニケリ

ローマ字読み|大文字

YUHERUHIMO|TOKAMUHITOHOMI|SHIKITAHENO|WAGAKOMAKURAHA|KOKEMUSHINIKERI

ローマ字読み|小文字

yuheruhimo|tokamuhitohomi|shikitaheno|wagakomakuraha|kokemushinikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|女歌|閨怨

校異

特に無し

寛永版本

ゆへるひも,[寛]むすふひも,
とかむひとほみ[寛],
しきたへの[寛],
わがこまくらは,[寛]わかこまくらに,
こけむしにけり,[寛]こけをいにけり,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました