万葉集2018番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2018番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2018番について

歌番号

2018番

原文

天漢|去歳渡代|遷閇者|河瀬於踏|夜深去来

訓読

天の川去年の渡りで移ろへば川瀬を踏むに夜ぞ更けにける

かな読み

あまのがは|こぞのわたりで|うつろへば|かはせをふむに|よぞふけにける

カタカナ読み

アマノガハ|コゾノワタリデ|ウツロヘバ|カハセヲフムニ|ヨゾフケニケル

ローマ字読み|大文字

AMANOGAHA|KOZONOWATARIDE|UTSUROHEBA|KAHASEOFUMUNI|YOZOFUKENIKERU

ローマ字読み|小文字

amanogaha|kozonowataride|utsuroheba|kahaseofumuni|yozofukenikeru

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|非略体|七夕

校異

特に無し

寛永版本

あまのがは,[寛]あまのかは,
こぞのわたりで,[寛]こそのわたりは,
うつろへば,[寛]うつろへは,
かはせをふむに[寛],
よぞふけにける,[寛]よそふけにける,

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました