万葉集2232番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2232番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2232番について

歌番号

2232番

原文

秋山之|木葉文未赤者|今旦吹風者|霜毛置應久

訓読

秋山の木の葉もいまだもみたねば今朝吹く風は霜も置きぬべく

かな読み

あきやまの|このはもいまだ|もみたねば|けさふくかぜは|しももおきぬべく

カタカナ読み

アキヤマノ|コノハモイマダ|モミタネバ|ケサフクカゼハ|シモモオキヌベク

ローマ字読み|大文字

AKIYAMANO|KONOHAMOIMADA|MOMITANEBA|KESAFUKUKAZEHA|SHIMOMOKINUBEKU

ローマ字読み|小文字

akiyamano|konohamoimada|momitaneba|kesafukukazeha|shimomokinubeku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|季節

校異

特に無し

寛永版本

あきやまの[寛],
このはもいまだ,[寛]このはもいまた,
もみたねば,[寛]もみたねは,
けさふくかぜは,[寛]けさふくかせは,
しももおきぬべく,[寛]しももおきぬへく,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました