万葉集2148番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2148番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2148番について

歌番号

2148番

原文

足日木<笶>|山従来世波|左小<壮>鹿之|妻呼音|聞益物乎

訓読

あしひきの山より来せばさを鹿の妻呼ぶ声を聞かましものを

かな読み

あしひきの|やまよりきせば|さをしかの|つまよぶこゑを|きかましものを

カタカナ読み

アシヒキノ|ヤマヨリキセバ|サヲシカノ|ツマヨブコヱヲ|キカマシモノヲ

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|YAMAYORIKISEBA|SAOSHIKANO|TSUMAYOBUKOEO|KIKAMASHIMONO

ローマ字読み|小文字

ashihikino|yamayorikiseba|saoshikano|tsumayobukoeo|kikamashimono

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|枕詞|動物

校異

笑->笶【西(訂正)】【元】|牡->壮【元】【類】

寛永版本

あしひきの[寛],
やまよりきせば,[寛]やまよりきせは,
さをしかの[寛],
つまよぶこゑを,[寛]つまよふこゑを,
きかましものを[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました