万葉集1665番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1665番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1665番について

歌番号

1665番

原文

為妹|吾玉拾|奥邊有|玉縁持来|奥津白浪

訓読

妹がため我れ玉拾ふ沖辺なる玉寄せ持ち来沖つ白波

かな読み

いもがため|われたまひりふ|おきへなる|たまよせもちこ|おきつしらなみ

カタカナ読み

イモガタメ|ワレタマヒリフ|オキヘナル|タマヨセモチコ|オキツシラナミ

ローマ字読み|大文字

IMOGATAME|WARETAMAHIRIFU|OKIHENARU|TAMAYOSEMOCHIKO|OKITSUSHIRANAMI

ローマ字読み|小文字

imogatame|waretamahirifu|okihenaru|tamayosemochiko|okitsushiranami

左注|左註

右二首作者未詳

事項|分類・ジャンル

雑歌|行幸|羈旅|紀州|和歌山|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

いもがため,[寛]いもかため,
われたまひりふ,[寛]われたまひろふ,
おきへなる[寛],
たまよせもちこ,[寛]たまよせもてこ,
おきつしらなみ[寛],

巻数

第9巻

作者

斉明天皇

タイトルとURLをコピーしました