万葉集1798番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1798番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1798番について

歌番号

1798番

原文

古家丹|妹等吾見|黒玉之|久漏牛方乎|見佐府<下>

訓読

いにしへに妹と我が見しぬばたまの黒牛潟を見れば寂しも

かな読み

いにしへに|いもとわがみし|ぬばたまの|くろうしがたを|みればさぶしも

カタカナ読み

イニシヘニ|イモトワガミシ|ヌバタマノ|クロウシガタヲ|ミレバサブシモ

ローマ字読み|大文字

INISHIHENI|IMOTOWAGAMISHI|NUBATAMANO|KUROSHIGATAO|MIREBASABUSHIMO

ローマ字読み|小文字

inishiheni|imotowagamishi|nubatamano|kuroshigatao|mirebasabushimo

左注|左註

右五首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

挽歌|紀伊|和歌山|行幸|悲嘆|恋情|亡妻|非略体|地名

校異

下玉->下【西(朱訂正)】【元】【藍】【類】

寛永版本

いにしへに,[寛]ふるいへに,
いもとわがみし,[寛]いもとわかあし,
ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
くろうしがたを,[寛]くろうしかたを,
みればさぶしも,[寛]みれはさふしも,

巻数

第9巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました