万葉集1683番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1683番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1683番について

歌番号

1683番

原文

妹手|取而引与治|捄手折|吾刺可|花開鴨

訓読

妹が手を取りて引き攀ぢふさ手折り我がかざすべく花咲けるかも

かな読み

いもがてを|とりてひきよぢ|ふさたをり|わがかざすべく|はなさけるかも

カタカナ読み

イモガテヲ|トリテヒキヨヂ|フサタヲリ|ワガカザスベク|ハナサケルカモ

ローマ字読み|大文字

IMOGATEO|TORITEHIKIYOJI|FUSATAORI|WAGAKAZASUBEKU|HANASAKERUKAMO

ローマ字読み|小文字

imogateo|toritehikiyoji|fusataori|wagakazasubeku|hanasakerukamo

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集所出

事項|分類・ジャンル

雑歌|献呈歌|舎人皇子|非略体

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

いもがてを,[寛]いもかてを,
とりてひきよぢ,[寛]とりてひきよち,
ふさたをり,[寛]うつたをり,
わがかざすべく,[寛]わかかさすへき,
はなさけるかも[寛],

巻数

第9巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました