万葉集1694番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1694番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1694番について

歌番号

1694番

原文

細比礼乃|鷺坂山|白管自|吾尓尼保波<尼>|妹尓示

訓読

栲領巾の鷺坂山の白つつじ我れににほはに妹に示さむ

かな読み

たくひれの|さぎさかやまの|しらつつじ|われににほはね|いもにしめさむ

カタカナ読み

タクヒレノ|サギサカヤマノ|シラツツジ|ワレニニホハネ|イモニシメサム

ローマ字読み|大文字

TAKUHIRENO|SAGISAKAYAMANO|SHIRATSUTSUJI|WARENINIHOHANE|IMONISHIMESAMU

ローマ字読み|小文字

takuhireno|sagisakayamano|shiratsutsuji|wareninihohane|imonishimesamu

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集所出

事項|分類・ジャンル

雑歌|京都|羈旅|非略体|地名|植物|牫侄げ|望郷

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|弖->尼【藍】【類】【紀】

寛永版本

たくひれの[寛],
さぎさかやまの,[寛]さきさかやまの,
しらつつじ,[寛]しらつつし,
われににほはね,[寛]われににほはて,
いもにしめさむ[寛],

巻数

第9巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました