万葉集1796番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1796番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1796番について

歌番号

1796番

原文

黄葉之|過去子等|携|遊礒麻|見者悲裳

訓読

黄葉の過ぎにし子らと携はり遊びし礒を見れば悲しも

かな読み

もみちばの|すぎにしこらと|たづさはり|あそびしいそを|みればかなしも

カタカナ読み

モミチバノ|スギニシコラト|タヅサハリ|アソビシイソヲ|ミレバカナシモ

ローマ字読み|大文字

MOMICHIBANO|SUGINISHIKORATO|TAZUSAHARI|ASOBISHIISO|MIREBAKANASHIMO

ローマ字読み|小文字

momichibano|suginishikorato|tazusahari|asobishiiso|mirebakanashimo

左注|左註

右五首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

挽歌|紀伊|和歌山|行幸|恋情|亡妻|非略体|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

もみちばの,[寛]もみちはの,
すぎにしこらと,[寛]すきゆくこらと,
たづさはり,[寛]あつさひて,
あそびしいそを,[寛]あそひしいそま,
みればかなしも,[寛]みれはかなしも,

巻数

第9巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました