万葉集1669番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1669番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1669番について

歌番号

1669番

原文

三名部乃浦|塩莫満|鹿嶋在|釣為海人乎|見變来六

訓読

南部の浦潮な満ちそね鹿島なる釣りする海人を見て帰り来む

かな読み

みなべのうら|しほなみちそね|かしまなる|つりするあまを|みてかへりこむ

カタカナ読み

ミナベノウラ|シホナミチソネ|カシマナル|ツリスルアマヲ|ミテカヘリコム

ローマ字読み|大文字

MINABENORA|SHIHONAMICHISONE|KASHIMANARU|TSURISURUAMAO|MITEKAHERIKOMU

ローマ字読み|小文字

minabenora|shihonamichisone|kashimanaru|tsurisuruamao|mitekaherikomu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|持統天皇|文武天皇|行幸|羈旅|紀州|和歌山|土地讃美|地名|大宝1年10月年紀

校異

特に無し

寛永版本

みなべのうら,[寛]みなへのうら,
しほなみちそね,[寛]しほなみちそ,
かしまなる[寛],
つりするあまを[寛],
みてかへりこむ[寛],

巻数

第9巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました