万葉集1726番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1726番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1726番について

歌番号

1726番

原文

難波方|塩干尓出<而>|玉藻苅|海未通<女>等|汝名告左祢

訓読

難波潟潮干に出でて玉藻刈る海人娘子ども汝が名告らさね

かな読み

なにはがた|しほひにいでて|たまもかる|あまをとめども|ながなのらさね

カタカナ読み

ナニハガタ|シホヒニイデテ|タマモカル|アマヲトメドモ|ナガナノラサネ

ローマ字読み|大文字

NANIHAGATA|SHIHOHINIIDETE|TAMAMOKARU|AMAOTOMEDOMO|NAGANANORASANE

ローマ字読み|小文字

nanihagata|shihohiniidete|tamamokaru|amaotomedomo|nagananorasane

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|大阪|羈旅|妻問媿|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|->而【壬】【類】【古】【紀】|->女【代匠記精撰本】

寛永版本

なにはがた,[寛]なにはかた,
しほひにいでて,[寛]しほひにいてて,
たまもかる[寛],
あまをとめども,[寛]あまのをとめら,
ながなのらさね,[寛]なかなつけさね,

巻数

第9巻

作者

丹比真人

タイトルとURLをコピーしました