万葉集1795番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1795番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1795番について

歌番号

1795番

原文

妹等許|今木乃嶺|茂立|嬬待木者|古人見祁牟

訓読

妹らがり今木の嶺に茂り立つ嬬松の木は古人見けむ

かな読み

いもらがり|いまきのみねに|しげりたつ|つままつのきは|ふるひとみけむ

カタカナ読み

イモラガリ|イマキノミネニ|シゲリタツ|ツママツノキハ|フルヒトミケム

ローマ字読み|大文字

IMORAGARI|IMAKINOMINENI|SHIGERITATSU|TSUMAMATSUNOKIHA|FURUHITOMIKEMU

ローマ字読み|小文字

imoragari|imakinomineni|shigeritatsu|tsumamatsunokiha|furuhitomikemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|宇治若郎子|京都|宇治|植物

校異

歌【西】謌|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

いもらがり,[寛]いもらかり,
いまきのみねに[寛],
しげりたつ,[寛]なみたてる,
つままつのきは[寛],
ふるひとみけむ[寛],

巻数

第9巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました